设为首页加入收藏
文章详情
 
文章搜索
 
 
尹玉峰《念奴娇》雅辑
作者:尹玉峰    发布于:2020-03-25 22:05:44    文字:【】【】【
摘要:尹玉峰,沈阳市生人,现居北京。北京开放大学影视艺术学院客座教授、广西柳师客座教授。自2003年相继任职《中国商界焦点》《三希堂石渠宝笈集萃》(中国文史出版社)《艺术与收藏》等书刊杂志主编,中国艺术馆首席策展人,慈善中国书画院和中国书画艺术研究院两院副院长。早期由沈阳出版社推出地方性经济文化著作,由《沈阳日报》推出小说、诗歌、散文作品,由中国作家协会《文艺报》推出文艺评论。相继在《北京日报》开设学习专栏,在《中国经营报》参与“与老板对话”专栏写作。现任职于都市头条全媒体平台理事会要职、京港澳台世界头条总编辑、世界文学艺苑总编辑。

形之歌咏,播于乐府——念奴娇,词牌名,又名“百字令”“酹江月” “大江东去” “湘月”,得名于唐代天宝年间的一个名叫念奴的歌伎。此调以苏轼《念奴娇·中秋》为正体,双调一百字,前片四十九字,后片五十一字,各十句四仄韵。另有双调一百字,前片九句四仄韵,后片十句四仄韵等十一种变体。

■第一阕
念奴娇·帝都风暖
作者:尹玉峰 (北京)
晓妆朝日。
望飞霞流韵,
染丽千川。
地北天南酬事者,
哪个嫌弃君贤?
人走他乡,
义无反顾,
执意助人间。
帝都风暖,
青梅煮酒言欢。
天子脚下临窗,
藏珠蕴玉,
情愫水云间。
朋友相邀同进取,
蓦地燕柳凝烟。
如火肝肠,
更添柔意,
天下已知焉。
共襄慈善,
御风广宇翩跹。
念奴嬌·帝都は風が暖かく
作者:尹玉峰(北京)
薄化粧朝日
霞の流れを見て
千川を染める。
北の天南の報酬者は、
どれが君賢を嫌っていますか?
人は他郷に行っても,
義理堅く世を助ける。
帝都は風が暖かく、
青梅は酒を煮て歓談する。
天子の足もとは窓に臨んで、
玉を隠して、
真情の水と雲の間。
友達は互いに招待して進取して、
突然燕柳は煙を凝縮します。
怒りのように、
さらに柔意を添えて、
天下に知られています。
慈善のために共同で力を尽くし,
風を広くひらひらと舞う。
■第二阕
念奴娇·月明星灿
作者/尹玉峰 (北京)
日升晓扮,
问沧桑云海,
谁在心间?
地北天南相爱者,
难忘瑶瑟绵绵。
岁月悠悠,
冰酥雪软,
意绪起凭栏。
华年弹指,
梦迷缓缓留连。
湖畔静谧安祥
藏珠蕴玉,
霞掠水云间。
前世笺函香落粉,
桃柳花叶凝烟。
似水柔情,
丹心肝胆,
天地共婵娟。
月明星灿,
水湄之上行船。
念奴嬌·月明星燦
作者:尹玉峰(北京)
日が昇って暁に扮して、
世の変転の雲海を聞いて、
誰が心の間にありますか?
地北天南相愛者、
忘れられない瑶瑟綿々。
碧水は悠悠としていて、
氷のような雪は柔らかくて、
欄干にもたれます。
華年の弾指、
夢のファンはゆっくりと続きます。
湖畔は静かで落ち着いている
玉を隠し、霞が水雲の間を
掠めていくのを眺めます。
前世の短冊の手紙の香は粉に落ちて、
桃の柳花の葉は煙を凝縮します。
水のように優しい心、
丹心肝胆、
天地共に美しいです。
月が明ければ星が輝き,
水コンの上で船が航行する。
■第三阕
念奴娇·万花盈朵
作者:尹玉峰 (北京)
山高路远,
见鹏兄夫妇,
鹏城芳蕙。
桂树飞来光影处,
欢喜一双童稚。
客栈琼楼,
罗公约见,
人暖春风里。
恰逢年夜,
在迎新日写意。
       
把盏岁月芳樽,
举杯祝愿,
对影三生喜。
起舞徜徉风露下,
慈善而行天地。
振翼春风,
翩然天籁,
瑟瑟金音起。
万花盈朵,
绽开红绿蓝紫。 
■念奴嬌·万花繚乱
作者:尹玉峰(北京)
山高路は遠くて、
鵬兄夫婦に会って、
鵬城の芳。
モクセイが光の影の
ところに飛んできて、
子供の喜びを感じています。
旅館の瓊楼、
羅公約は会って、
人は暖かい春風の中で。
ちょうど年夜きく当たって、
新年を迎えて写意しています。
杯の歳月の芳しい樽を、
祝杯を挙げて、
影三生を祝います。
踊りは風に晒され、
慈善は天地を行く。
春風がそよそよとして,
自然界の音がさわやかに
響き渡った。万花が咲き乱れ,
赤緑と青紫が咲き始める。
■第四阕
念奴娇·天风吹灿闺苑
作者:尹玉峰 (北京)
那天梦见,
你侧身绾发,
空灵虚幻。
玉女舒霞云袅袅,
怎不叫人牵绊?
唇口樱桃,
芙蓉衬脸,
若夜明眸灿。
感恩天地,
彩轻烟淡绕面。
艳若桃李红颜,
美伦美奂,
太惹人心恋。
古雅清新风过后,
愿你水湄流绚
长发飘飘,
回眸一笑,
百媚千娇现。
如云潇逸,
天风吹灿闺苑。
念奴嬌·天風が美しい閨苑を吹き渡る
作者:尹玉峰(北京)
その日の夢は、
あなたが体を横に結って、
空霊ははかない。
玉女の舒霞雲はたおやかで,
どうして人に絆を
かけられないのですか?
唇の口はサクランボで、
芙蓉は顔に映えて、
夜の明るいひとみのようです。
天地に感謝して、
色の軽い煙は薄いです。
艶やかな桃李の紅顔は美しくて、
とても人の心を引かれます。
古雅で清新な風が過ぎたら、
あなたの美しい髪の毛が
ふわふわしていることを望んで、
振り返って笑って、
百媚で美しいです。
雲が澄んでいるように,
天風が美しい閨苑を吹き渡る。
■第五阕
念奴娇·霞姑
作者:尹玉峰 (北京)
少年壮志,
恰湘江潭水,
欲现天初。
慧燕横斜飞影里,
粉翅轻绕帘珠。
落雁沉鱼,
芙蓉颊面,
香帐挂流苏。
兰心丹若,
丽丽楚楚霞姑。
虽是聚少离多,
轰轰烈烈,
甘愿赴征途。
生命灵魂相许诺,
信仰真理功殊。
推倒三山,
救民水火,
殉志可抛颅。
恨春迟矣,
爱情隔世传书。
念奴嬌·霞姑
作者:尹玉峰(北京)
少年の壮志、
ちょうど湘江のよどんだ水たまり、
天の初めを現したいです。
慧燕の横向きの飛影の中で、
粉の翼はそっとすだれを巻きます。
落雁沈魚、
芙蓉頬、
香帳掛流蘇。
兰心丹若、
丽楚霞姑。
一緒にいる時間が短いです
壮絶で、喜んで征途に行きます。
生命の魂は互いに承諾して、
真理の功を信じます。
三山を倒し、
民水や火を救い、
命に殉じても命を
落とすことができる。
春の遅きを恨んで、
愛情は隔世で書物を伝えます。
■第六阕
念奴娇·广州小蛮腰
作者:尹玉峰 (北京)
花城一塔为谁春?
知己红颜良友。 
婀娜蛮腰疑绿柳,
凝望珠江时久。
名媛长裙,
盈盈婉约,
西子夸人口。
岚辉江影,
众芳甘愿俯首。
又恐雨打夭桃,
风吹水走,
留连堤边候。
都市风光中轴线,
硕月高悬天佑。
喜缕空衫,
玲珑剔透,
瑰丽年华秀。
梦中光景,
满天辉粲星斗。
念奴嬌·広州小蛮腰
作者:尹玉峰(北京)
花城の一塔は誰の春ですか?
音をきく良友を得る。
優美でしなやかで、
腰が緑の柳を疑って、
珠江をじっと見つめている
時は長いです。
名媛のロングスカート、
盈盈婉は約して、
西子は人口を誇張します。
嵐が川の姿を輝かせ,
皆の芳名が頭を下げる
ことを喜んでいる.
雨に打たれるのも怖いし、
風に吹かれて水を流して、
堤防のそばで待ちます。
都市の風景の中で軸線、
碩月は高くて振り返ってみます。
カーディガンの空の花が
目を奪うように
鮮やかで美しい
歳月ショーです。
夢の中の光景は,
空いっぱいに輝いて
星が輝いている。
■第七阕
念奴娇·念愿雨盈盈
作者/尹玉峰 (北京)
入山又恐,
世间多牵恋,
别了倾城。
若负初心应是过,
欲问何以求成?
安得双全,
逍遥自在,
不去损修行。
崇高于世,
慈心爱意悲情。
花朵世界葱茏,
菩提一叶,
念愿雨盈盈。
滚滚红尘烦自扰,
羞个嗔怨贪争。
不负如来,
宽怀济世,
邪念不丛生。
心灯何处,
举头明月相迎。
念奴嬌·念願の雨が降る
作者·尹玉峰(北京)
山に入るのも怖いし、
世の中は恋をたくさんします。
修行を積んだことは
あったはずですが、
何で成功しますか?
無事に双全を得て、
悠々自適して、
修行を損なわない。
世に崇高である
慈心と愛と悲しみがあります。
花の世界は青々としていて、
菩提一葉、
念念の雨が満ちています。
もうもうたる紅塵が自分を
煩わすのを嫌がり,
恥ずかしくて怒りと恨みを
もって言い争う.
如来を仰ぐ,
広く世を済し、
邪念がはびこらない。
心の灯はどこにありますか?
月を挙げて迎えます。
■第八阕
念奴娇·惠风千里
作者:尹玉峰 (北京)
人逢晦暗,
让心儿明亮,
寻找光源。
日出东方升灿烂,
绚丽江海波澜。
色彩丰盈,
涂山画水,
莺唱鸟飞前。
花开花落,
云霞聚散安然。
迎向苦难忧伤,
还它一笑,
倏尔就心宽。
近了烟村嚣世远,
一路阡陌盘桓。
自在逍遥,
天涯芳草,
起舞颂婵娟。
惠风千里,
艳阳高照人寰。
■第九阕
念奴嬌·恵風千里
作者:尹玉峰(北京)
人は暗夜に会うと,
心を明るくし,
光源がある。
日の出は東の空が鮮やかに輝き,
麗江の海の波に染まっている。
色彩が豊かで、
山を塗って水をかいて、
鳥が飛ぶ前を歌っています。
花が咲き、花が散る,
雲や霞が散って無事です。
苦難に向かって悲しんで、
それを返して笑って、
またたく間に天の幅について。
煙村に近くなり世間が騒がしくなり,
道のあぜ道がぐるぐる回る。
自由に逍遥して、
天涯の芳草、
踊るのは美しいです。
恵風千里、うららかな太陽が
世界中を照らしています。
念奴娇·吊民伐罪
作者:尹玉峰(北京)
吊民伐罪,
驱兵催征讨,
鞑虏消亡。
一统江山平恨海,
铁腕惩治贪狼。
立法无情,
刑施重典,
群带泪汪汪。
大明洪武,
晨钟暮鼓朝纲。
回首饥困深渊,
前朝无道,
官府太嚣张。
吏治横行欺遍野,
百姓微命逃荒
国祚难长,
岂能复往,
久治寿无疆。
集权宫令
朕收天下折章
念奴嬌·人民を招いて罪を討つ
作者:尹玉峰(北京)
人民を招いて罪を討つ,
兵を駆って討伐を催促し,
統一江山平は海を恨んで、
剛腕は貪狼をこらしめる。
立法は非情で、
刑は重い典を与えて、
群は涙を浮かべています。
元璋は威烈で、
朝鐘夕鼓朝綱。
飢饉の深淵を振り返ってみると、
前の時代は無道で、
官府は横暴だった。
官治は横行して、
民衆が飢饉から逃れる。
国の寿命が長いのは難しいです。
生還できない,
久治長寿。
中央集権,
天下の上奏を収める。

尹玉峰,沈阳市生人,现居北京。北京开放大学影视艺术学院客座教授、广西柳师客座教授。自2003年相继任职《中国商界焦点》《三希堂石渠宝笈集萃》(中国文史出版社)《艺术与收藏》等书刊杂志主编,中国艺术馆首席策展人,慈善中国书画院和中国书画艺术研究院两院副院长。早期由沈阳出版社推出地方性经济文化著作,由《沈阳日报》推出小说、诗歌、散文作品,由中国作家协会《文艺报》推出文艺评论。相继在《北京日报》开设学习专栏,在《中国经营报》参与“与老板对话”专栏写作。现任职于都市头条全媒体平台理事会要职、京港澳台世界头条总编辑、世界文学艺苑总编辑。


 
 
当前位置
脚注信息
版权所有 Copyright(C)2015-2016 慈善中国书画院网

顶部反馈微信二维码底部
扫描二维码关注我为好友