设为首页加入收藏
文章详情
 
文章搜索
 
 
NZ国学诗词艺术协会会长嵇春声推荐 尹玉峰旎诗《山远雾茫茫》
作者:嵇春声    发布于:2020-05-18 22:57:03    文字:【】【】【
摘要:都市頭條編輯委員會主任尹玉峰先生,長年將寶貴的時間奉獻給詩詞藝術,在我們全球華人的詩人心裡,他是一位懂得大格局的實物操作者,平時都是他為大家服務,今天協會難得的為山遠霧茫茫這詩開個頭,願世間道統長存,人間友誼可貴。
前言
都市頭條編輯委員會主任尹玉峰先生,長年將寶貴的時間奉獻給詩詞藝術,在我們全球華人的詩人心裡,他是一位懂得大格局的實物操作者,平時都是他為大家服務,今天協會難得的為山遠霧茫茫這詩開個頭,願世間道統長存,人間友誼可貴。
NZ國學詩詞藝術協會
南與北專欄 嵇春聲

旎诗:山远雾茫茫
作者:尹玉峰 (北京)

骆宾王他七岁见到的各种事物,都是初升的太阳下,一花一草的茂盛,秋日里一草一木的凋零,还有成长的憧憬

李杜苏辛在人生窘境迫压下激发
灵感的悲壮,对待生活跌宕起伏
永葆不服输的勇气、艺术的青春

杏花,春雨,小杜刺史的池州
天青色的迷蒙中一片片粉蝶儿
震翅欲飞!时光倒转绵绵幽幽

薛涛美色焰唐时,桃色香笺
写小诗;醉了居易、禹锡兄
常唱和,群儒们钦慕浣花溪

陆游那载离唐婉,错错错、声声怨,锦瑟年华谁与伴?漏茅逢雨,忠贞遭难,共与唐婉千古绝唱历久弥新
梦断红楼,眸思紧目,一曲长歌萦耳,飞溅情花,粉雪丽容太娇媚。潇湘妃
水木芙蓉,染香细,翩跹衣袂,伴竹林,翠染眉尖,寄人篱下眼添泪
孤高方辩丑美。身世临风飘絮,藏芒尖锐。刺向昏天,辫子小帆摇坠。深闺怨,宝玉通灵,迷恋她,冷香花蕊,却惊魂,艳骨苍凉,锦囊空了玉已碎
到如今兰舟催发的桨橹早已经在千里,烟波楚江里难觅踪影,我的灵魂更显纤瘦,却有屈原大夫,为我捻花入梦,他摘下漫天星辰,承载千古恨爱诗笺
但见霞光云影、水湄之上,泛起一叶扁舟,一曲唱来风起;心雨、落池塘
渡鹅屈项影桥旁,山远、雾茫茫;翠烟一望断人肠!大风中浪飞的野蝴蝶,在我眼中立刻变成了,一枚枚轻薄的纸片儿


美しい詩:山は遠くて、霧は茫々
作者:尹玉峰(北京)

骆宾王は彼が7歳で見た様々なものは、すべて初升の太陽の下で一草が茂っていて、秋には一草一木が枯れています。また、成長への憧れがあります。
李杜蘇辛は人生の苦境にインスピレーションを与えられた悲壮で、生活の起伏に対していつまでも負けない勇気を持ちまて芸術の青春。
杏花、春雨、杜史の池州天青の迷蒙の中で、粉蝶が一片あります。羽根を震わせて飛びたいです時間が逆戻りする。
薛濤美色炎唐時、桃色の色紙詩を書く;酔ったら居易、禹錫兄よく歌を歌います。学者たちは洗濯花渓を敬慕しています。
陸遊はそれは唐婉から離れていて、間違い、怨恨から来ています。誰とパートナーですか?茅に水を漏らす災難にあった時は,共に唐婉と千古の絶唱を経て久しく新しい。
夢は紅楼を断ち切って、目をきつく見て、1曲の長い歌は耳につきまとって情花を飛び散ることを考えて、粉の雪の麗容はあまりになまめかしくて美しいです。潇湘妃の
水木芙蓉は、香を染めて細く、ひらひらと一緒にいて、竹林と一緒に、翠が眉先を染めて、目に涙を添えて、
孤高で丑美を論じます。身の上は風に吹かれてこぼれ話を翻して、隠れた芒は鋭いです。空に突き刺さり,お下げの帆がゆらゆらと揺れる。深窓の怨念、宝玉通霊、彼女に夢中になって、冷ややかな香気の蕊は魂を驚かして、艶骨蒼涼、錦嚢は空っぽになって玉はすでにばらばらになりました
今になって、舟が催促する櫓はもう千里にあります。煙波楚江の中は姿を探しにくいです。私の魂はもっとはっきりしています。痩せているのに屈原先生がいて、花を捻ってくれます。彼は空一面の星を摘み取って,千古の恨みの短冊を載せた。
しかし霞の光が見えて、メコンの上に一葉が広がっています。小舟が,一曲歌ったら風が吹く。心雨,池に落ちる。
ガチョウの屈項の影の橋のそばを渡って、山は遠くて、霧は茫々としています。人を見限るな!大風の中で波が飛んでいる野生の蝶は私の目の中はたちまち薄い紙切れに変わった。

(尹玉峰年轻时照片)

  旎诗由尹玉峰《海棠花未眠》夺势定位:“在人类最困惑的时间节点/世界己昏然/海棠花未眠/冉冉升腾的爱意静观人间/几多冷暖?寸心至死如丹/怀念他与沉鱼落雁的新娘/弹过一曲弦颤千古的绝响/朝露落下若溅玉/眼泪凝了也耀眼/迎向人间千万朵/挂在枝头细裁香/烟烟缕缕/染得一眉清光漫过嚣世/愿景沐阳光/但见蝶舞温婉绕海棠……" 这种具有古典的现代美、超现实主义表现手法的现代旎诗,感叹着诗国黄昏的感叹,旖旎着诗国黎明的旖旎,达到一种闳约深美的艺术境界;运用美丽如闪电、摄魂夺魄的诗境语言营造诗境、意绪、愿景、求索、挣扎,任想象力统治世界,直捣心智。当旎组词为旖旎时,历代诗词名家都喜欢择用。(唐)李白 《愁阳春赋》“荡漾惚恍,何垂杨旖旎之愁人"。(清)孙枝蔚《清明日泛舟城北》“新烟何旖旎,黄鸟鸣春深”。"旎"字从方人从尼。“尼”意为亲和、亲近,转义为缠绕、缠人。“人”和“尼”联合起来表示“旗帜缠人”。


NZ国学诗词艺术协会制作
编审:嵇春声
组稿:嵇春声
制作:贝玲娜
图片;网络
 
 
当前位置
脚注信息
版权所有 Copyright(C)2015-2016 慈善中国书画院网

顶部反馈微信二维码底部
扫描二维码关注我为好友